選挙 2016 参議院選挙(参院選)の日程について

選挙2016 参議院選挙(参院選)の日程

2016年は参議院選挙(参院選)がある年になります。 では、その2016年の参議院選挙(参院選)の日程はどうなるのでしょうか?  


スポンサーリンク

議員の任期満了日の前30日以内

まず、公職選挙法では参議院選挙(参院選)の投開票日について任期満了日の前30日以内と定めています。

参議院議員の任期満了は7月25日。 となると選挙は6月25日~7月24日の日曜日。

6月26日(日) 、7月3日(日) 、7月10日(日) 、7月17日(日) 、7月24日(日)という5日のうちのいずれかになります。  

 

閉会日後の23日以内にかかる場合の規定

上記日程が閉会日の23日以内にかかる場合は閉会日後の24~30日に実施という規定もあります。

今国会が延長せずに閉会すれば6月1日。 23日以内の規定にはかからないので特に問題はありません。

ただし、延長した場合はこの規定が関わってくる可能性があります。 (スケジュールがタイトになるので可能性低いと思われる)  

 

改正公選法の施行日(6月19日)を考慮すると?

上記の5日のうちのいずれかが参議院選挙(参院選)の日程になるのですが、選挙年齢が18歳以上に引き下げられるなどが含まれる改正公選法の施行日(6月19日)を考慮すると、日程が更に絞られます。

通常、公示・告示は投票日の17日前までに行われます。 6月19日以降に公示するとなると選挙の日程は7月10日、7月17日、7月24日に絞られることになります。  

(参考:参議院選挙(参院選)2016の選挙年齢引き下げについて

 

衆院解散での同時選挙の場合は?

最近、衆議院(衆院)解散での同時選挙の話も出てきました。

同時選挙となると解散から40日以内という規定があります。

閉会、解散が6月1日だとすれば上記3日のうちで該当するのは7月10日のみ。   同時選挙になる場合は7月10日の日程の可能性が高いようです。 

(追記)6月22日に公示され、参院選2016は7月10日に行われることが決定しています。衆議院の解散は無いので同時選挙はありません。

 

(その他の選挙関連情報)
参院選2016情勢予想分析(全国)

参院選2016立候補者一覧(全国)

 

(合わせてお読みください)
参院選2016までの日程、スケジュール

参議院選挙(参院選)2016の選挙年齢引き下げについて

参議院選挙(参院選)2016の10増10減について

参院選2016 公示日は6月22日で投票は7月10日?衆参同時選挙は?


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です