都知事選2016の情勢予想と選挙結果速報

都知事選2016の情勢予想と選挙結果速報


スポンサーリンク

政治資金「公私混同」などの問題で舛添要一前東京都知事が辞職し、その後任を決める東京都知事選挙が行われます。

7月14日に公示、21人が立候補しました。

7月31日に投開票の予定です。

今回はこの都知事選挙2016の情勢予想、投票結果速報などをまとめます。

東京都知事選2016の日程や立候補者は別途まとめているのでそちらを参照ください。

都知事選2016の日程とスケジュール(公示日、期日前投票、選挙日)

都知事選2016立候補者と選挙速報

東京都知事選2016について

東京都民にとってはかなり悩ましい選挙になりそう。

まず自民党内のゴタゴタで保守分裂。自民党支持者にとって悩ましい。小池百合子氏が自民党に伺いを立てずに立候補表明をしたのも問題だったがその後の自民党の対応もあまりにもひどかった。推薦を取り付けようと相談する小池百合子氏と意見を交わすこともなかった。そして話をしても結論先送り。

小池百合子氏はそれに反発したのだがそれも仕方がないだろう。やはり自民党の選挙本部の能力不足が露呈している感がある。小池百合子氏が立候補を表明した時にしっかりと意見交換し小池百合子氏の立候補を取り下げるか、それとも小池百合子氏候補にするかしっかりと話し合えばここまでのごたごたにならなかっただろう。

ということで、まずは東京都の自民党支持者が気の毒な選挙。

また、野党側を見ても東京都知事選挙なのに野党統一候補というのも釈然としない。反自民、反安倍が主体になっており肝心な東京都民がおざなりになってしまっている感が強い。そもそも鳥越俊太郎氏が立候補した理由が参院選を見て与党の独走に危機感を覚えたというもの。東京都に対する愛着も何も感じない。正直に話すのは好感が持てるが東京都、そして東京都民のために立候補したわけではないのが実情。

結局のところ自民党推薦の増田寛也氏、小池百合子氏、鳥越俊太郎氏の争いになるのだろうが権力闘争だけが表に出ていて、東京都知事選という感じがしない。

少なくとも舛添要一氏が都知事に居座るよりは良いのだろうが立候補した主要人物の顔ぶれを見る限りは東京都民は誰を選ぶのに迷うことになりそう。

今後は取って付けたように東京都に関する政策や思い入れなどの話が出してくるのだろうがあくまでも選挙に勝つための方便に聞こえてしまうかもしれない。

 

東京都知事選2016の情勢予想

まず増田寛也氏、小池百合子氏とを比較すると小池百合子氏に軍配が上がりそう。やはり知名度、人気が高いのが大きい。増田寛也氏は自民党を中心とした組織力で対抗することになるが保守層でも小池百合子氏に入れる層がかなり多いと思われる。

自民党都議連を敵に回したことで世論を味方に付けているのも大きい。そもそも自民党都議連は舛添要一氏問題でも最後まで舛添氏をかばっていたとして世論の評判は悪い。敵に回すには格好の標的と言える。そういう意味で小池百合子氏は戦略家だと言えるが逆に考えると根回しができずに後先を考えないアイデア勝負に出ている感じは否めない。仮に当選したとしてもその後の運営はかなり苦労しそう。

増田寛也氏については実務能力は申し分ないと思われる。当選した場合には最もすんなりと運営を開始できる。自民党都議連との関係も良い。一方で外国人参政権賛成、また韓国擁護の発言を過去にしていることから保守層の一部には反発する声も強い。自民党支持層でも増田寛也氏には入れないという声も掲示板やSNSで散見する。それを意識してかどうかは分からないが韓国人学校は白紙に戻すとの発言をしているものの、信用回復には至っていないと見られる。

結局のところ増田寛也氏は自民党をバックに組織力は強いが、世論を味方に付けている小池百合子氏が有利と思われる。これを崩そうといろいろな形で自民党関係からリーク情報が出回ることだろう。なんとも醜い争いが見られるかもしれない。

そして最終的に漁夫の利を得そうなのが野党統一候補の鳥越俊太郎氏である。ただ、反安倍、反自民で立ち上がったということで東京都とは全く関係のない話をしている鳥越俊太郎氏に違和感をいだく人も多い。元SPEEDの今井絵理子氏は参院選比例で当選してから「沖縄基地問題ついてはこれから向き合う」という発言をしてかなり大きく問題視されていたが、鳥越俊太郎氏も同じようなもので立候補してから東京都や東京都民のことを考えている状況である(その後、主張を変えているようだが)。また高齢であることや癌の手術を4回もした後であることから健康を懸念する声もある。当選後、健康問題ですぐに降板ということになったら目も当てられない。年齢、病歴から考えると常識外れの立候補で迷惑をかける可能性を考えたら自重すべき。本人はもとより選挙に勝つことしか考えない野党連合の意識の低さには閉口する。

とは言え、分裂している自民党と比較すると民進党、共産党、社民党の統一候補としてしっかりした支持を得て出られるのは大きい。また、知名度の高さは抜群で大きな武器。ファンも多いことから無党派層にも一定の支持があると思われる。自民党のいざこざに嫌気がさした保守層からもかなりの票を集めることが予想される。

天候などの関係で投票率が低いと組織票の勝負になり増田寛也氏にもチャンスがあるだろうが基本的には小池百合子氏と鳥越俊太郎氏の争いで最終的には鳥越俊太郎氏が当選するのではないだろうか。

 

立候補者ごとのプロフィールや情勢予想

主要候補者のプロフィールや情勢予想を以下にまとめます。

 

小池百合子氏

小池百合子氏詳細→都知事選2016 情勢予想~小池百合子氏のプロフィールなど~

長所:現状を変える力が強い印象。今回の立候補を見ても行動力、度胸がある。現状を変える能力は一番長けている印象。また、東京都の衆議院議員であり東京都に最も詳しく近い存在と言える。

短所:根回しなどが不得意な印象。明確に都議会に反発しており今後の都議会との連携に不安が残る。都知事になった場合に苦労しそうである。オリンピックを間近に控えている現在の状況でごたごたしそうな小池百合子氏を知事にしてもいいのか?という声は強い。

 

増田寛也氏

増田寛也氏詳細→都知事選2016 情勢予想~増田寛也氏のプロフィール、韓国、東電、ファーストクラス問題など~

長所:実務能力がありバランスが良い。各方面の動きを聞いて調整する能力に長けている印象。オリンピックなど今後多くのイベントがあることを考えると最もスムーズに運営できそうなのは増田寛也氏と言えそう。

短所:状況に応じて主張を変えるので天邪鬼と見る人も多い。かつては東京都を敵に回す政策をしており都税を地方に回した張本人。「東京都の敵が都知事に立候補するなんてとんでもない」と指摘する声も多い。外国人参政権についてもかつては賛成の立場だったが立候補した後は慎重になり、やや反対の立場になっている。保守や自民党支持の人からも主張をころころ変えて信用ならないと指摘する声が多い。東京都議連との関係は良好かもしれないが既得権益に触れない可能性も高いであろう。何のために知事が変わったのか分からないという声が出るかもしれない。

 

鳥越俊太郎氏

鳥越俊太郎氏詳細→都知事選2016 情勢予想~鳥越俊太郎氏のプロフィール、女性問題、家計図問題など~

長所:クリーンなイメージあり。しがらみも少なそう。発言を聞く限りではバランス能力もあり慎重に受け答えている。野党からの支持を受けつつも下手な約束はしていないように感じる。

短所:もともと反安倍、反自民党で立ち上がったのであり東京や東京都民のために立ち上がったわけではないことは最初の発言ではっきりしている。その後は東京都民に向けた情報を発信しているが、しらじらしく感じる人も多い。また、高齢で癌の手術を4回もしていることから健康面での不安もあり、今後の多忙な4年のうちに何かあったら大変と危惧する声も多い。元ジャーナリストで実務経験も無く、反安倍、反自民ということで国との関係性を不安視されており、やはりオリンピックに向けて大丈夫なのか?という声も根強い。知事になった場合に一番心配ごとが多い人である(体調面が一番の心配)。

 

その他の立候補者について

その他の候補としては例によってマック赤坂氏が立候補。また、在特会の元会長である桜井誠氏も立候補。幸福実現党からは七海ひろこ氏が立候補。

それぞれに注目を集めることであろう。ただしあくまでもどこまで票を取れるか?というレベルであり3者の争いに入ることはあり得ない。

それ以外にも参院選2016には21人もの人が立候補しており他の立候補者がどれだけ票を取れるのかにも注目したい。

都知事選2016の立候補者一覧と選挙速報

 

世論調査の結果など(7月18日追記)

世論調査の結果が出てきています。現時点では小池百合子氏がやや優勢もしくは小池百合子氏と鳥越俊太郎氏が拮抗してそれに増田寛也氏が続くという結果。

都知事選2016 世論調査~FNN、産経、毎日新聞、小池氏やや有利か~

 

FNN+産経では小池百合子氏がやや有利としています。

都知事選2016 世論調査~FNN+産経の調査と情勢予想~

 

毎日新聞は小池百合子氏と鳥越俊太郎氏が拮抗しているとしています。

都知事選2016 世論調査~毎日新聞の調査と情勢予想~

 

都知事選も18歳以上選挙です

また都知事選2016は参院選2016と同様に18歳以上が投票する選挙。必ず選挙に行って自分の意思を伝えよう。

参議院選挙(参院選)2016の選挙年齢引き下げについて

 

東京都知事選2016投票結果速報(7月31日投開票)

東京都知事選2016の結果速報は以下の通りです。

小池百合子氏の当選が確定しました。。

(1:30現在開票率100%)

小池 百合子(64)   新人 無所属 2,912,628 当選

増田 寛也(64)   新人 無所属 1,793,453

鳥越俊太郎(76)   新人 無所属 1,346,103

上杉  隆(48)   新人 無所属 179,631

櫻井  誠(44)   新人 無所属 114,171

マック赤坂(67)   新人 無所属 51,056

七海ひろこ(32)   新人 幸福実現党 28,809

立花 孝志(48)   新人 NHKから国民を守る党 27,241

高橋 尚吾(32)   新人 無所属 16,664

中川 暢三(60)   新人 無所属 16,584

山口 敏夫(75)   新人 国民主権の会 15,986

岸本 雅吉(63)   新人 無所属 8,056

後藤 輝樹(33)   新人 無所属 7,031

谷山 雄二朗(43)  新人 無所属 6,759

武井 直子(51)   新人 無所属 4,605

宮崎 正弘(61)   新人 無所属 4,010

望月 義彦(51)   新人 無所属 3,332

山中 雅明(52)   新人 未来想像実現党 3,116

今尾 貞夫(76)   新人 無所属 3,105

内藤 久遠(59)   新人 無所属 2,695

関口 安弘(64)   新人 無所属 1,326

 

(合わせてお読みください)
都知事選2016の日程とスケジュール(公示日、期日前投票、選挙日)

都知事選2016の情勢予想

参院選2016情勢予想分析と選挙結果(全国)

参院選2016立候補者一覧と選挙結果(全国)

参院選2016の仕組みについて


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です