選挙に行こう

選挙結果速報など選挙関連情報をまとめていきます。選挙結果速報については各公的機関やマスコミなどの情報を元にしていますが間違っている可能性もあります。予めご了承ください。

静岡市議会議員選挙・清水区選挙区の立候補者と選挙結果速報(2017年3月26日、静岡県)

      2017/03/27

静岡市議会議員選挙・清水区選挙区の立候補者と選挙結果速報

任期満了に伴う静岡市議会議員選挙・清水区選挙区が3月17日に告知されました。

定数17人に対して20人が立候補しています。

3月26日に投開票の予定です。

(同じく3月26日に行われる選挙はこちらから確認ください→2017年地方選挙結果速報

静岡市議会議員選挙・清水区選挙区の概要(2017年3月26日、静岡県)

静岡市議会議員選挙・清水区選挙区の概要は以下の通りです。

【選挙区分】
市区町村議会議員

【市区町村】
静岡県静岡市

【選挙事由】
任期満了

【告示日】
2017年3月17日

【投票日】
2017年3月26日

【定数】
17人

【立候補者】
20人(現職13人、元職1人、新人6人)

(用語参考:選挙 告示と公示の意味、内容の違い)  

 

静岡市議会議員選挙・清水区選挙区関連情報(地域情報、選挙情報、情勢予想など)

静岡市清水区(しみずく)は、2005年4月1日に誕生した静岡市の行政区の一つです。旧清水市のほぼ全域を区域とし、その後2006年3月31日には旧蒲原町域が、2008年11月1日には旧由比町域が区の一部になっています。

今回は静岡市の駿河区、葵区でも同様に市議会議員選挙が行われます。各候補者の公約などを確認して必ず選挙に行きましょう。

静岡市議会議員選挙・駿河区選挙区の立候補者と選挙結果速報(2017年3月26日、静岡県)

静岡市議会議員選挙・葵区選挙区の立候補者と選挙結果速報(2017年3月26日、静岡県)

 

静岡市の市章

静岡市の市章

この市章は、全国から寄せられた6,774件のデザインの中から、市民投票を経て決定しました。静岡・清水、そして新「静岡市」の頭文字「S」を発想の基本に、自然と都市機能が見事に調和した豊かな都市イメージを表現しています。日本のシンボルである富士山と駿河湾の波のシンプルな造形が、活力あふれる未来、交流・連帯を基盤に飛躍する新しい都市、広がる市民の豊かな暮らしを感じさせます。シンボルカラーの「ブルー」(スマルト)は、清潔感と透明性を表し、空や海のようにどこまでも続く国際性、開放感を表現しています。平成15年5月29日制定(引用元:公式ホームページ )

 

静岡市議会議員選挙・清水区選挙区の立候補者と選挙結果速報

静岡市議会議員選挙・清水区選挙区の立候補者ならびに結果速報は以下の通り。

17人の当選が確定しました(23:55確定。開票率100%)

山梨渉     現 公明党 7,384 当選
望月厚司    現 無所属 6,407 .773 当選
大石直樹    現 公明党 6,105 当選
大村一雄    現 自民党 5,704 当選
牧田博之    現 自民党 5,630 .469 当選
望月俊明    現 自民党 5,513 .688 当選
風間重樹    現 無所属 5,504 当選
山根田鶴子   現 自民党 5,024 当選
望月賢一郎   新 共産党 4,564 .537 当選
堀努      新 無所属 4,525 当選
栗田知明    現 無所属 4,417 当選
寺澤潤     新 無所属 4,356 当選
遠藤裕孝    現 自民党 4,073 当選
水野敏夫    現 無所属 3,911 当選
早川清文    現 自民党 3,849 当選
内田隆典    現 共産党 3,794 当選
後藤哲朗    元 無所属 3,505 当選
稲葉寛之    新 無所属 3,488
川島大     新 無所属 1,377
外岡宗雄    新 無所属 348

(投票結果に小数点が出る場合について→選挙の得票に小数点が出る理由(按分票)

(当選確実がすぐに出る場合について→開票0%で当選確実が出るのは何故?)  

 

最新選挙関連情報

ここからは、その他地域の選挙速報情報、最新選挙情報などをまとめます。

 

2017年3月26日投開票の選挙結果一覧(他の選挙情報)

2017年3月26日に行われる選挙の一覧情報を以下のリンク先でまとめています。

2017年3月26日の選挙結果一覧 

 

過去の選挙結果(2016年-2017年選挙結果)

過去選挙結果は以下のページ経由で確認してください。

地方選挙2017

地方選挙2016

国政選挙2016 

 

その他、選挙関連情報(選挙情報一般)

今後の選挙は18歳以上が投票する選挙です。必ず選挙に行きましょう。

選挙権を18歳に引き下げた理由は?何故?

選挙権 18歳引き下げ メリット、デメリットについて

第24回参院選(2016年)の年代別投票率についての考察(表、グラフなど)

 - 地方選挙2017