新潟知事選挙2016 情勢予想、危険情報(オカルト)など

【新潟知事選挙2016 情勢予想、危険情報など】


スポンサーリンク

今回の新潟知事選挙の情報を知るにつけ、ちょっと危険な選挙だという印象を受けます。

オカルト情報が飛び交っているような感じがしています。

そういった情報はそのまま信用するのは危険なので、当方で危険だと感じた情報などについてまずはまとめ、その後で情勢予想に移ります。

 

泉田裕彦新潟県知事は原発推進派にはめられた?

危険な情報として感じたものとして、例えば、「泉田裕彦新潟県知事は原発推進派の手先である新潟日報に繰り返し批判記事を書かれて次の知事選挙に立候補できなくなった」とする内容の情報が出回っています。その手の情報を流している人たちによると泉田裕彦新潟県知事は原発推進派に狙われたという話らしい。

でも、実際に、どのようの形で新潟日報が知事の行動を批判しているのか?本当に知事の行動に問題は無かったのか?などの情報をきちんと書いている批判は皆無だと感じます。よって、それらの情報を信用するのはかなり危険だと感じます。

もちろん逆に新潟日報の一方的な言い分を信用するのも危険です。

ならば、双方の主張をきちんと引用して情報をまとめどちらが正しいのかを判断すべきなのですが、反原発論者は「新潟日報が悪い」「原発推進派が圧力をかけている」という思い込みから始まっているので冷静な判断とは見えませんし、引用さえもなされていない。かなりひどい状況で情報操作しているとしか思えない状況です。

新潟日報と県側の主張はどちらもあるので、それをしっかりと確認してどちらの言い分が正しいのか判断するようにしてください。

県側の主張→日本海横断航路の船舶購入のトラブルの現状について、県民の皆様にご説明します。

新潟日報の主張→検証・日本海横断航路問題|新潟日報モア

 

泉田裕彦新潟県知事は原発推進派に命を狙われていた?圧力を受けていた?

これまた、何の根拠も無いのに泉田裕彦新潟県知事は原発推進派に命を狙われていた、圧力を受けていたといった情報も出ています。

本人の口からそういった情報が出ているならまだしも、まわりが勝手な思い込みでこういった情報を流すことにかなりの危険を感じます。

この辺りは反原発派が流している情報だと思いますので、話を聞いた人はその根拠なりをしっかりと確認すべきでしょう。

本当に原発推進派に狙われているということであれば本人がきちんと説明することでしょう。その方が自分の主張を通しやすいです。

 

泉田裕彦新潟県知事が知事選に立候補しない理由

泉田裕彦新潟県知事が知事選に立候補しない理由は本人が「日本海横断航路の船舶購入のトラブルの件で新潟日報の報道の仕方に納得がいかない」からと説明しています。

また、「このような状況では本来の争点である原発問題について議論が進まない」とも説明しています。

これらの情報から人によっては泉田裕彦新潟県知事は「新潟日報の追求から逃げた」と判断する人もいるでしょうし、「そのような事情であれば仕方がない」と感じる人もいるでしょう。

この辺りは泉田裕彦新潟県知事の言葉から判断すべきです。

よって、先に述べた不備な情報からの状況判断やオカルト説を出すのは非常に危険だと感じます。

原発推進派から何らかの圧力がある可能性は否定しませんが、何かあれば泉田裕彦新潟県知事本人が語るでしょう。

 

新潟知事選挙2016の情勢予想

今回の新潟知事選挙2016は自民党、公明党が推薦する森民夫氏と共産党、社民党、生活の党が推薦する米山隆一氏の実質的な一騎打ちと言えるでしょう。

 

新潟知事選挙2016の最大の争点は原発関連

新潟知事選挙2016の最大の争点は原発関連問題であるのは間違いありません。

両陣営の公約を見る限りでは双方共に原発慎重論という感じを受けます。

ただし、米山隆一氏がより反原発に近い発言をしています。これは推薦する共産党などの意向も入っていることでしょう。

一方で森民夫氏は現政権の自民党、公明党が推薦していることもあって、原発慎重論ながらも容認に近いと言えるでしょう。

従って、原発反対ということであれば米山隆一氏を推すべきでしょう。

 

森民夫氏がやや有利か?

現時点では森民夫氏がやや有利と言われていますが、反原発勢力を味方につける米山隆一氏が猛烈に追い上げを見せているという情報もあります。

この調子でいけば最終的には米山隆一氏が逆転する可能性もあるでしょう。

ただ、反原発の人たちの主張を見る限りでは先の泉田裕彦新潟県知事の話もそうなのですがちょっと怖い。

一元的な情報で森民夫氏は原発容認、米山隆一氏は原発反対として判断せずに様々な情報から考えて欲しいと思います。

公約を見る限りでは森民夫氏も原発慎重派です。容認していません。(もちろん、政権寄りになる可能性はあるので米山隆一氏と比較すると容認寄りにはなるでしょう)

そもそも泉田裕彦新潟県知事も自民党推薦で当選しています。推薦している政党だけで原発容認、反原発と考えるのは危険と言えるでしょう。

本人の口からしっかりと情報を引き出して、その内容で判断してください。

 

選挙のポイントについて

現時点で判断できそうなポイントはこんな感じでしょうか?これ以外にもたくさんあると思います。片方に偏らずたくさんの情報を集めて判断してください。

・米山隆一氏の方がより反原発が鮮明(推薦する政党も同じく)。よって原発反対を第1に考えるならば米山隆一氏を推すべし。

・ただし、米山隆一氏は民進党時代(連合新潟が支持母体)には原発推進派だったという情報もあり、状況に応じて主張を変えている可能性はある。TPPについても同じく。そもそも、もともとは自民党でありその後、維新、今回は共産党、社民推薦と移っており主体性の無さが懸念される。政党を変わるたびに古巣を批判している印象があるのも残念な要素。また、舛添要一氏が政治の師であるという情報もあり、その辺りも残念。

参考→日本維新の会から出馬以降の米山隆一直撃インタビュー

・経験で言えば森民夫氏か。長岡市長も長年勤めており長年、新潟に貢献している。長岡の活性化は全国の市町村よりも認められており視察も多い。新潟県の震災復旧などにも尽力した。全国市長会長にも就任しており人脈も広い。

・中央とのパイプも強いので予算などをひっぱることができそう。新潟をより発展させるとすれば森民夫氏だと思われる。

・ただし、森民夫氏だと政権寄りになってしまう可能性はある。経済の発展のためには良いかもしれないが原発関連などで政権側に押し切られる可能性は否定できない。

 

その他、選挙関連情報

今回の新潟知事選挙2016は参院選2016、都知事選2016と同様に18歳以上が投票する選挙です。

必ず選挙に行くことはもちろんのこと、18歳以上の若者に知り合いがいる人は選挙に行くように伝えてください。

今後は全ての選挙で選挙権が18歳以上となっています。

選挙権を18歳に引き下げた理由は?何故?

選挙権 18歳引き下げ メリット、デメリットについて

第24回参院選(2016年)の年代別投票率についての考察(表、グラフなど)

 

(合わせてお読みください)
新潟県知事選挙2016の立候補者と選挙結果速報(10月16日投票日)

新潟県泉田裕彦知事の立候補撤回の理由は日本海横断航路の船舶問題?

新潟県知事選挙2016の立候補者、米山隆一氏のプロフィール、公約など~

新潟県知事選挙2016の立候補者~森民夫氏のプロフィール、公約など~


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です