選挙に行こう

選挙結果速報など選挙関連情報をまとめていきます。選挙結果速報については各公的機関やマスコミなどの情報を元にしていますが間違っている可能性もあります。予めご了承ください。

新潟県知事選挙2016の立候補者と選挙結果速報(10月16日投票日)

      2016/10/17

新潟県知事選挙2016の概要(10月16日投票日)

任期満了に伴う新潟県知事選挙が9月29日に告示されました。

新人4人が立候補しています。

10月16日に投開票の予定です。

(用語参考:選挙 告示と公示の意味、内容の違い

 

新潟県知事選挙関連情報(地域情報、選挙情報、情勢予想など)

現職の泉田裕彦知事がもともとは立候補を表明していましたが、急に立候補を見送っています。

その撤退理由を報道のあり方について疑問を持ったということを挙げています。ただ、撤退理由としてそれが適切なのかどうか、支持していただいた有権者に対してそのような理由が通るのか。その点については疑問が残るところですし、また責任逃れとも取られかねない状況とも言えます。

(日本海横断航路の船舶購入のトラブル関連の報道などで新潟日報と揉めています。この問題では多額の損失が出る可能性があるとして新潟日報は県の責任を追及しています)

この問題はまとめていたら長くなったので別記事にまとめました。

新潟県泉田裕彦知事の立候補撤回の理由は日本海横断航路の船舶問題?

 

ともかく、現職が立候補を辞退したことで新潟知事選挙は新人同士での選挙戦になります。

選挙戦では、新潟県に立地する東京電力柏崎刈羽原発の再稼働問題などが争点に。泉田裕彦現知事も再稼動関連の考え方などを聞いた上で応援する候補者を決める可能性があるとの発言をしています。

泉田裕彦現知事の発言力はかなり大きいでしょう。どの候補に付くかで今後の選挙戦の情勢が大きく変わる可能性があります。

 

候補者の公約、プロフィールなど

主要候補と言われている森民夫氏、米山隆一氏の公約、プロフィールなどをまとめています。

新潟県知事選挙2016の立候補者、米山隆一氏のプロフィール、公約など~

新潟県知事選挙2016の立候補者~森民夫氏のプロフィール、公約など~

 

新潟県知事選挙の立候補者と選挙結果速報

新潟県知事選挙の立候補者ならびに結果速報は以下の通り。

無所属の新人、米山隆一氏が当選しました(23時45分、開票率100%)。

米山 隆一   新人 無所属(共産、生活、社民推薦) 528,455 当選
森  民夫   新人 無所属(自民、公明推薦) 465,044
後藤 浩昌   新人 無所属 11,086
三村 誉一   新人 無所属 8,704

(投票結果に小数点が出る場合について→選挙の得票に小数点が出る理由(按分票)

 

長岡市長選挙と長岡市議会議員補欠選挙について

元長岡市長の森民夫氏が立候補することで長岡市長選挙が10月16日に行われます。3人の新人が立候補する選挙戦になります。また、長岡市長選挙に元市議が立候補することによって生じた欠員による選挙も10月16日に行われる予定でしたがこちらは1人の立候補しかなくて無投票での当選が確定しています。

これらの選挙結果については別記事でまとめています。必要に応じて確認してください。

長岡市民にとってはダブル選挙となるので必ず投票してください。

長岡市長選挙の立候補者と選挙結果速報(2016年10月16日、新潟県)

長岡市議会議員補欠選挙の立候補者と選挙結果速報(2016年10月16日、新潟県)

 

その他、選挙関連情報(選挙情報、情勢予想など)

参院選2016、都知事選2016と同様に18歳以上が投票する選挙。必ず選挙に行きましょう。

選挙権を18歳に引き下げた理由は?何故?

選挙権 18歳引き下げ メリット、デメリットについて

第24回参院選(2016年)の年代別投票率についての考察(表、グラフなど)

 - 地方選挙