選挙に行こう

選挙結果速報など選挙関連情報をまとめていきます。選挙結果速報については各公的機関やマスコミなどの情報を元にしていますが間違っている可能性もあります。予めご了承ください。

諫早市議会議員選挙の立候補者と選挙結果速報(2017年3月26日、長崎県)

      2017/03/27

諫早市議会議員選挙の立候補者と選挙結果速報

任期満了に伴う諫早市議会議員選挙が3月19日に告知されました。

定数30人に対して32人が立候補しています。

3月26日に投開票の予定です。

(同じく3月26日に行われる選挙はこちらから確認ください→2017年地方選挙結果速報

諫早市議会議員選挙の概要(2017年3月26日、長崎県)

諫早市議会議員選挙の概要は以下の通りです。

【選挙区分】
市区町村議会議員

【市区町村】
長崎県諫早市

【選挙事由】
任期満了

【告示日】
2017年3月19日

【投票日】
2017年3月26日

【定数】
30人

【立候補者】
32人(現職21人、元職2人、新人9人)

(用語参考:選挙 告示と公示の意味、内容の違い)  

 

諫早市議会議員選挙関連情報(地域情報、選挙情報、情勢予想など)

諫早市(いさはやし)は、長崎県中央部にある市です。県内でも3番目の人口を誇る都市です。

人口はやや減少傾向にあり産業の育成や福祉の充実などが課題として考えられます。各候補者の公約などをしっかりと確認してください。

また、同日3月26日には諫早市長選挙もあり同時選挙となっています。必ず選挙に行きましょう。

諫早市長選挙の立候補者と選挙結果速報(2017年3月26日、長崎県)

 

諫早市の市章

諫早市の市章

諫早市(いさはやし)の「い」の文字をモチーフに、「元気に響き合う市民」、「調和する自然と歴史」、「限りない未来への飛躍」を、躍動感と安定感のある支え合う六つ(1市5町)の輪で新市のイメージを表現しています。(引用元:公式ホームページ )

 

諫早市議会議員選挙の立候補者と選挙結果速報

諫早市議会議員選挙の立候補者ならびに結果速報は以下の通り。

30人の当選が確定しました。

大久保正博   新 無所属 3,066 当選 
林田直記    現 無所属 2,905.225 当選
坂口慎一    新 無所属 2,752 当選
土井信幸    現 無所属 2,672 当選
田川伸隆    現 自民党 2,621 当選
湯田清美    新 公明党 2,513 当選
相浦喜代子   現 無所属 2,479 当選
林田保     現 民進党 2,413.774 当選
西口雪夫    新 無所属 2,400 当選
中野太陽    現 共産党 2,364 当選
北島守幸    現 自民党 2,361 当選
津田清     現 公明党 2,353 当選
南條博     現 自民党 2,290 当選
村川喜信    現 自民党 2,204 当選
山口喜久雄   現 公明党 2,190 当選
並川和則    元 自民党 2,074 当選
松永隆志    現 無所属 2,066.172 当選
松本正則    現 自民党 2,045 当選
西田京子    新 共産党 2,020 当選
島田和憲    現 無所属 1,933 当選
福田美子    現 無所属 1,930 当選
田中哲三郎   現 無所属 1,885 当選
森多久男    元 無所属 1,861 当選
田添政継    新 社民党 1,782 当選
川崎剛     新 無所属 1,637 当選
北坂秋男    新 無所属 1,557 当選
松尾義光    現 自民党 1,486 当選
松永秀文    現 無所属 1,474.827 当選
木下政儀    現 無所属 1,418 当選
中村太郎    現 無所属 1,383 当選
龍田紘一朗   新 無所属 681
森山大輔    現 無所属 347

(投票結果に小数点が出る場合について→選挙の得票に小数点が出る理由(按分票)

(当選確実がすぐに出る場合について→開票0%で当選確実が出るのは何故?)  

 

最新選挙関連情報

ここからは、その他地域の選挙速報情報、最新選挙情報などをまとめます。

 

2017年3月26日投開票の選挙結果一覧(他の選挙情報)

2017年3月26日に行われる選挙の一覧情報を以下のリンク先でまとめています。

2017年3月26日の選挙結果一覧 

 

過去の選挙結果(2016年-2017年選挙結果)

過去選挙結果は以下のページ経由で確認してください。

地方選挙2017

地方選挙2016

国政選挙2016 

 

その他、選挙関連情報(選挙情報一般)

今後の選挙は18歳以上が投票する選挙です。必ず選挙に行きましょう。

選挙権を18歳に引き下げた理由は?何故?

選挙権 18歳引き下げ メリット、デメリットについて

第24回参院選(2016年)の年代別投票率についての考察(表、グラフなど)

 - 地方選挙2017