衆院福岡6区補選の立候補者、情勢予想、選挙結果速報(2016年10月23日投開票)

衆院福岡6区補選の概要(2016年10月23日投開票)


スポンサーリンク

鳩山邦夫・元総務相の死去に伴う衆院福岡6区補欠選挙が10月11日にに告示されました。

4人が立候補しています。

10月23日に投開票の予定です。

(用語参考:選挙 告示と公示の意味、内容の違い

 

衆院福岡6区補選2016関連情報(地域情報、選挙情報、情勢予想など)

鳩山邦夫・元総務相の次男である鳩山二郎氏は福岡県大川市長の経験をアピール。父邦夫氏が会長を務めた自民党内の派閥横断グループ「きさらぎ会」の支援を受けています。

蔵内謙氏は蔵内勇夫自民党県連会長の長男。鳩山二郎氏と共に自民党ということで保守分裂選挙になっています。蔵内謙氏は麻生太郎副総理兼財務相や古賀誠元自民党幹事長らが支援。

自民党中央の代理戦争の様相もあり自民党内のまとまりのなさが露呈しています。一方の野党は野党共闘でまとまっており、このまま自民党両候補の共倒れの可能性もあります。

民進党からはインド・在チェンナイ日本総領事館元職員の新井富美子氏を擁立。共産党も候補を立てず野党共闘の形になります。

幸福実現党からは西原忠弘氏が立候補しています。

全体的に見ると自民党が割れて保守分裂選挙になっているものの鳩山二郎氏に大半の票が入る見通し。鳩山邦夫の息子ということでもともとの知名度も高く選挙も優勢になっているようです。

保守分裂、野党共闘でも勝てないとなると野党はこの地域では当分勝てない。野党としては踏ん張りたい選挙でしょう。

なお、同日10月23日にはもう1つの補選も衆院東京10区補選も行われます。小池百合子氏の都知事転出に伴い実施される選挙です。こちらも自民党候補が優勢の情勢。

衆院東京10区補選の立候補者、選挙情勢予想、選挙結果速報(2016年10月23日投開票)

 

衆院福岡6区補選2016の立候補者と選挙結果速報

衆院福岡6区補選2016の立候補者ならびに結果速報は以下の通り。

新人の鳩山二郎氏の当選が確定しています。(10月24日0:13開票率100%)。

鳩山 二郎   新人 無所属 106,531 当選
新井富美子   新人 民進党 40,020
蔵内  謙   新人 無所属 22,253
西原 忠弘   新人 幸福実現党 2,359

(当選確実がすぐに出る理由について→開票0%で当選確実が出るのは何故?

(投票結果に小数点が出る場合について→選挙の得票に小数点が出る理由(按分票)

 

その他、選挙関連情報(選挙情報、情勢予想など)

参院選2016、都知事選2016と同様に18歳以上が投票する選挙。必ず選挙に行きましょう。

選挙権を18歳に引き下げた理由は?何故?

選挙権 18歳引き下げ メリット、デメリットについて

第24回参院選(2016年)の年代別投票率についての考察(表、グラフなど)

 

その他の選挙結果速報(2016年選挙結果)

その他の最近の地方選挙や国政選挙結果は別途まとめています。以下のページ経由で確認してください。

地方選挙2016

国政選挙2016


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です